スポンサーリンク

【蓋付き】両開きでスリムなニトリのごみ箱(45L)使ってみた!比較あり。ペダルペール

家具

両開き蓋が珍しいゴミ箱!

 

こんにちは、今回は両開きの蓋になっている珍しいゴミ箱、ニトリの「省スペース ペダルペール 45L(GY)」を購入したので、レビューしていきます!

〚この記事は実際に使ってみた際の体験レビューです〛

ニトリの「省スペース ペダルペール 45L(GY)」のおすすめポイントとデメリット

おすすめポイント① 両開き蓋はコンパクト!
おすすめポイント② 45Lにしてはスリム!
おすすめポイント③ 両開きのゴミ箱の中では安い!
デメリット① ゴミ袋掛けからゴミ袋が外れやすい
デメリット② たまに蓋が閉まらない&閉まる音がうるさい

おすすめポイント

おすすめポイント① 両開き蓋はコンパクト!

このゴミ箱が他のゴミ箱と違うところは、両開きの蓋です。

両開きのごみ箱一度使ってみたい!

と思い、購入してみましたが、私が1番メリットに感じたのはスペースがコンパクトに収まることです。
両開きなので蓋が2つに分かれており、蓋を開けた時に蓋の高さが半分で済むので、蓋を開けた時のスペースがコンパクトに収まるのです。

 

省スペースにゴミ箱を置きたい場合や、ごみ箱の上部にあまりゆとりがない場合におすすめです。

 

 

おすすめポイント② 45Lにしてはスリム!

私は45Lの大きさでペダル式のゴミ箱が欲しかったので、ニトリで同じ容量のゴミ箱をたくさん見比べました。45Lの他の商品を見てみると、

 

2WAYペダルペール 45L(GY)…幅33×奥行5×高さ56.5cm

スリムペダルペール45L…幅5×奥行45.5×高さ55.5cm

ステンレスペダルペール分別タイプ…幅5×奥行34.8×高さ65cm

の3種類があります。

私が購入した「省スペース ペダルペール」は幅26.5×奥行48×高さ56cmなので、①と③より小さく、②は両開きではないので蓋を開けた時の高さが高く、蓋の開け閉めも考える、やはり、1番スリムなのは「省スペース ペダルペール」ではないかと思います。

 

 

おすすめポイント③ 両開きのゴミ箱の中では安い!

ニトリ以外にも両開きのゴミ箱はたくさん売られています。例えば、

などがありました。

そして、それらに比べると、ニトリの「省スペース ペダルペール」は2990円なので、お安いことがわかります。もちろん、値段が高い方がしっかりしていたり、他にも便利な機能がついていたりするのですが、両開きのドアを試してみたい方やごみ箱にあまり値段をかけたくない方にはおすすめです。

私は後者なので、ニトリのゴミ箱に満足しています。

 

 

省スペース ペダルペール 45Lのデメリット

デメリット① ゴミ袋掛けからゴミ袋が外れやすい

ゴミ箱にはゴミ袋掛けが設置されており、ごみ袋が掛けられるようになっています。

45Lの大きさの袋を使用していれば問題ないのですが、それより小さいサイズの袋を使用してしまうと、ゴミの重みで袋掛けから袋が外れてしまいます。
袋掛け自体がプラスチックでできておりそんなに頑丈ではないので、しっかり固定はできないと考えておいた方が良いでしょう。

私はそこまで気になりませんでした。しかし、中にはニトリの口コミにも袋掛けが不満だという意見があったので、不安なら確認しておくことをおすすめします。

 

 

知っておきたい注意事項② たまに蓋が閉まらない&閉まる音がうるさい

これは本当にたまになのですが、蓋がうまく閉まらないことがあります。

ちょっとしたずれなのか、蓋の上下がずれて1センチくらい間が空いたままになってしまうことがあるんです。もう一度ペダルを踏み直せば閉まりますし、閉まらない訳ではないのですが、気になる人には気になってしまうかもしれません。

そして、それは閉まる音も同じで、勢いよくバタン!と閉まるので、音が大きいのです。こればかりは実際に閉めてみないとわからないです。

なので、気になりそうな方は店舗に行って確認してみてください。

 

 

まとめ

今回は、ニトリの「省スペース ペダルペール 45L(GY)」をご紹介させて頂きました。

両開きの蓋だからこそのメリットもありますが、袋掛けや蓋の閉まり具合など、気になる箇所もあるので、不安ならネットで買わずに実際に商品を見てみることをおすすめします。

今回も読んで頂きありがとうございました!

・生ごみのニオイが気になる
・ゴミの量が毎回多い
・生ごみを量を減らしたい
・ナクスルを買おうか悩んでいる

こんな悩みがある方はこれもおススメです。

微生物の働きで分解する「バイオ式」と熱や風の力で生ごみを乾燥させて小さくし、ごみの量や処理する回数を減らすことが出来ます。

ゴミの量を格段に減らし、ノンストレスな生活を実現しませんか?

タイトルとURLをコピーしました