スポンサーリンク

おしゃれな昇降式テーブルを2年使ってみた!【おすすめの点とデメリット】脚が少し邪魔?

家具

どんな場面でも使える!昇降式のテーブル

こんにちは。

今回は高さを変えることができる「昇降式のテーブル」ナルミ株式会社の「リフティングテーブル(商品番号:27-823)」を購入したので、レビューしていきます!

〚この記事は実際に使ってみた際の体験レビューです〛

昇降式テーブルを使ってみて分かったおすすめの点とデメリット

おすすめポイント① 高さ調節がしやすい!
おすすめポイント② 机の移動が簡単にできる!
おすすめポイント③ 収納できる棚がついている!
おすすめポイント④ 安心・安全な機能がたくさんある!
おすすめポイント⑤ 高級感のあるデザイン
デメリット① 脚がⅩの形になっていて邪魔
デメリット② なかなか重い

 

おすすめポイント

おすすめポイント① 高さ調節がしやすい!

この昇降式のテーブルは、高さを調節する仕組みが「ガス圧式」になっています。

テーブルの裏側にガスの入ったシリンダーが設置されていて、レバーを軽く引くだけでガスが移動し、簡単に高さ調節ができる仕組みになっているんです。
レバーを引けばスーッと上下に動いてくれるので、力がいらないし、テーブルの上を片付けなくても高さ調節ができます。

 

おすすめポイント② 机の移動が簡単にできる!

とても頑丈な作りになっているので、テーブルの重さがなかなか重く、持ち上げるのは大変です。

しかし、テーブルの脚が片側だけローラーになっているので、ローラーになっていない方を持ち上げてローラーを軸にして動かせば、簡単に移動させることができます。
掃除機をかける時など、ちょっと動かしたいときに簡単に動かせるので便利です。

 

おすすめポイント③ 収納できる棚がついている!

テーブルには収納できる棚がついていて、トンネルのように筒状になっています。

筒状なのでどこからでも出し入れしやすく、配線もできるので便利です。結構たくさん収納できるスペースがありますよ。
また、棚の上板より下板の方が少し小さく作られていることで、ほこりがたまりにくいという嬉しい一面もあります。

 

おすすめポイント④ 安心・安全な機能がたくさんある!

テーブルの天板の角は、安全のために丸みを帯びたデザインにしてあります。

他にも、テーブルの昇降時に怪我をしないように脚についているローラーを片方固定していたり、Ⅹの脚が傷むのを防ぐために緩衝材が設置してあったり、安心・安全を考えた作りになっているので安心です。

 

おすすめポイント⑤ 高級感のあるデザイン

テーブルの天板に使われている木材は、世界三大銘木の一つであるウォールナットの突板です。

ブラウンの色味や木の木目がとてもきれいで高級感があります。私は2年ほど使っていますが、使っているうちに少しは傷がつくものの、色味や木目のきれいさはキープされています。また、脚の部分も傷がつきにくくなっていますよ。

昇降式テーブルのデメリット

昇降式テーブルのデメリット① 脚がⅩの形になっていて邪魔

このテーブルは脚がⅩの形になっているので、中に足を入れることができません。
↑これが昇降式テーブルの最大のデメリットであり弱点

テーブルを低くして床に座っていても足をのばすことはできないし、テーブルを高くして椅子に座っても、椅子を中に入れることはできません。

これを知っておかないと、いざ購入して届いた時に「思っていたのと違った…」となってしまう可能性があるので、知っておきましょう。

ちなみに私はテーブルを高くして椅子に座って使っていますが、

慣れてしまえば問題なく座ることができていますよ

昇降式テーブルのデメリット② なかなか重い

作りがしっかりしているので頑丈な分、なかなか重さがあります。重さはなんと18㎏!

18kgもあると女性では一人では持ち上げられず、大変ですよね。

ローラーを使って移動させるのは簡単なのですが、持ち上げて持ち運んだり、どこかに収納したりするのはなかなか大変です。
テーブルを一番下まで下げれば高さが約20.5㎝となりコンパクトにはなりますが、軽い折り畳み式のテーブルとは違うことを知っておくとよいでしょう。

 

まとめ

今回は、ナルミ株式会社の「リフティングテーブル(商品番号:27-823)」を紹介させて頂きました。

昇降式のテーブルはとても便利で使いやすいので、あなたの生活スタイルに合えば重宝すること間違いなしです。今回のレビューを参考にしてみてくださいね。

今回も読んで頂きありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました