スポンサーリンク

ケノンヒーター「スグダン」で寒さに備える!気になる値段や電気代と口コミを紹介

家電

冬の寒さが厳しくなり始めたころに、「そろそろ暖房器具を購入しなきゃ!」と思う方が多いはずです。しかし、いざ暖房器具をかうといっても値段や利用時の電気代が気になり、毛局どれを購入していいのか悩んでしまうことでしょう。

今回は、安全面・デザイン性・コスト面でとても優れていて某通販ランキングでも連続1位を獲得する「ケノンヒーター」について紹介します。口コミも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ケノンヒーター「スグダン」とは?

※2021年11月25日追記。
アップデートされ、「スグダン」として発売されています。

新機種「スグダン」の新機能

1.超強モードが追加

1400Wから1500Wへとパワーアップし、新たなハイパワーモード「超強」が搭載されました。全方向に放熱するトリプル暖流で部屋全体を早く暖めることが可能になりました。

「すぐ=スグ」「暖=ダン」ってことです。

超強モードが追加されたことで、「弱・中・強・超強」の4段階設定です。

2.調光モードが追加

操作パネルのLEDの明るさが3段階で設定できるようになりました。

就寝中もパネルの明るさが気になってしまうことに配慮をしたようです。

3.上部放熱口の形状を変更

上部の放熱口の形状を変化させることで、ホコリやごみといった異物の混入がしにくくなりました。

ホコリやごみが入ってしまうと、故障の原因にもなりかねないので変更はありがたいですね。

ケノンヒーターの従来からある特徴

ケノンヒーターは、一流の家電メーカーであるエムテックが製造した革新的断熱器具になります。左右のガラスパネルから「遠赤外線」「輻射熱」「自然滞対流」が部屋全体に暖かい空気を送り込む特許取得の革新的なヒーターです。

≫ケノンヒーター公式HP

電気式ヒーターより広範囲を、オイルヒーターよりも早く温めることが出来るという特徴を持ちます。デザイン性にも優れており、安全面も考慮されているので、どの家庭でも安心して利用することが出来ます。

 

ケノンヒーターの特徴5選

ケノンヒーター「スグダン」おすすめのポイントを見ていきましょう。

ほこりなどが舞わず、衛生面が優れている

ケノンヒーターは、灯油やガスといった燃料を燃やさないので、無臭です。

もちろん換気も必要ありません。
また、ケノンヒーターは、空気を乾燥させにくく、のどや肌に安心の設計です。風も出ないのでホコリが舞うこともないのでアレルギーを持っている方でも安心。

稼働が電気なので手間いらず

ケノンヒーターは電気で稼働するため燃料を補充する必要はありません。

また、設計上手入れもほとんど必要がないので、基本的に電源のオンオフ操作のみでOKです。

表面温度が40~50度付近で安全設計

ヒーターで怖いのは、小さなお子様やペット、お年寄りに多い火傷です。
目を離した隙に触ってしまったらと思うと怖いですよね。

しかし、ケノンヒーターの表面温度は最大40∼50度程度です。この温度であれば、少し触れても暖かいと感じる程度なので、火傷をする危険性は極端に下がります。

表面は平らで、指を入れてしまうといった危険性もないので安心して使用することが出来ます。

見た目がお洒落。特にピンクゴールドがおすすめ

フラット&スリムをコンセプトにされた無駄のないフォルムとどんなインテリアにもマッチするデザインにこだわった作り。

カラーは、特注のピンクゴールド(ローズ系)とパールホワイトで細部にまでこだわりが感じられるヒーターです。

パネルなので操作が楽ちん

温度設定は左パネル(弱・中・強)と右パネルの(弱・中・強)の6パターンの中から選びます。

子供の誤操作防止のために強にする場合のみ、2秒間の長押しが必要です。

タイマー設定は1・2・4・8時間の4パターンから設定可能。タイマー設定をしない場合は安全のため、10時間で自動停止します。

 

ケノンヒーター使用のメリット・デメリット

ケノンヒーターの特徴を踏まえ、使用上のメリットやデメリットを確認しましょう。

【ケノンヒーター使用のメリット】

・オイルヒーターと比べても圧倒的に温まるのが速い!30分程度で部屋全体が暖かくなります。

・ガスや燃料を使用していないので、火を使わない!換気の必要もなく、火事の心配もないです。

・静音性抜群!ケノンヒーターはファンが付いていないので、音が静か。就寝時に睡眠を妨害されることもありません。

【ケノンヒーター使用のデメリット】

・オイルヒーターよりは早く温まるが、エアコンよりは遅い。

・北海道などの寒い地方では、ケノンヒーター単体利用は向かない。

 

ケノンヒーターの電気代は?

次に気になるのが、使用量です。ケノンヒーターを使用するとどれくらいの電気代がかかるのでしょうか。

ケノンヒーターの仕様から算出した電気代は、

1時間当たり13.5円~37.8円となりました。

例えば、一日10時間、30日間を最大稼働させた場合の

1か月間の電気代が11,340円となります。

平均的に金額は1か月に4000円∼5000円程度となることが多いでしょう。

 

他の暖房器具に比べると若干電気代は高い傾向にありますが、のどや肌の乾燥を防ぎ、ホコリが舞わないというメリットと手入れがほぼ不要なことを考えるとぜひ使用していきたいです。

 

ケノンヒーターの料金

続いて気になるのは、本体価格です。

ケノンヒーターはどの通販サイトを見ても、

本体価格59,800円で購入することが出来ます。

決して安くはない金額ですが、メーカー保証が3年と長い期間付いているのと、電気稼働なので燃料代がかからないことを踏まえて、長い目で見れば安く済むでしょう。

 

ケノンヒーターの口コミ紹介

実際にケノンヒーターを使用した方の口コミをいくつかピックアップしたので、見ていきましょう。

【今最もいい暖房機器!】

本当に買ってよかった。

・エアコンをつけていると喉や皮膚が痛くて、つけたり消したりをするのがとてもストレスでした。そこでケノンヒーターを購入。ケノンヒーターを使ってから、乾燥問題は完全に解決。喉も痛くならなくなり、本当に感謝しかないです。

【理想の暖房器具を入手!】

・今までいくつかの暖房器具を買っていますが、どれも一長一短。

・安いファンヒーターは騒音と乾燥で就寝時には使えず、オイル式はとにかく温まりにくかった。今回購入したヒーターは失礼ですが、名前も知らずに買いました。

・しかし、これが非常にいい。感想を感じることもなく快適に過ごせ、ファンがないので、音もしない。左右にファンがあるので、広範囲が温まる心地よさが大層気に入りました。

【乾燥なし。春のような暖かさ】

・なんともいえない不思議な暖かさです。
春なのかなという目覚めを経験しました。厚くないのに温かい!という新体験でした。

・キャリーケースのようにローラーがついているので、移動も楽々ですし、音を立てずに動かすことが出来ます。

【迅速な対応】

・突然火花が出た。と問い合わせたところ、すぐに連絡が来て新品のものと交換してもらうことになりました。丁寧でスピーディーな対応に感謝するとともに安心して使えそうです。

・とても信頼できるメーカーだと思いました。

【パワフルで暖かい!】

・締め切った6畳の部屋だと弱でもしっかりと暖かくなりました。温度調節が出来ず、強弱での設定のため、少し面倒かなとも感じました。

・エアコンやストーブと違って、芯から温まる感じがして、まだ真冬ではないので、これからの使用が楽しみです。

【満足ではあるが…。】

・冬場、夜間の授乳に備えて暖房機器をもう一台購入しようと思い、パワフルそうだったので購入しました。そこそこの大きさと重さがありますが、スリムで場所を取りません。

・部屋が乾燥しないので赤ちゃんにとっても安心です。

・両面フルパワーで使用すると焦げ臭いような匂いとパチパチ?という音がするのに少し気になりました。

【安心と安全なヒーター】

・11カ月の娘がいるので、安全なヒーターを探していました。

・ケノンヒーターは、他のヒーターと比べても表面温度が低く安全なのに、スイッチをつけるとすぐに体が温まり、理想通りのヒーターです。

・ひとつ気になったのは、タイマー設定が限られた時間なので、24時間好きな時間で設定出来たら嬉しいかなーと思いました。

 

ツイッターでの反応

https://twitter.com/mofumaru24/status/1453025089750847488

皆さん、期待以上に快適に過ごせるようになってます!

ケノンヒーターをぜひ購入しよう

以上、ケノンヒーターについて紹介しました。

電気代は少し高いものの、ホコリが舞わず、乾燥がしない点と広範囲を素早く温める能力。そして、触っても火傷しづらいボディによる安全性などぜひとも使っていただきたいケノンヒーター。料金もお求めやすく、一度使ったらクセになることでしょう。

ぜひともお試しください。


睡眠の質も改善したい人にはコレがおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました